“安全と 安心を 提供する”
    株式会社 丸山工務所 株式会社 丸山工務所
 
   
■ JR飯山線を越えて、橋桁が架かるまでの様子です。
   
   写真1 橋が架かる前の状態です。 写真2 橋桁を架けるための、仮橋を取り付けます。
     この上を自走台車で桁を移動していきます。
   
   写真3 手前2本の橋桁が架かりました。 写真4 奥側2本の橋桁が架かりました。
   
   写真5 真ん中2本の橋桁を、一度手前と奥側の桁の上に
        仮置きします。
写真6 真ん中にあった、仮橋を撤去します。
   
   写真7 真ん中2本の橋桁も設置完了。
        これで6本の橋桁の架設が終了しました。
写真8 ここで橋桁についてのご説明です。
   1本の桁は5分割にされ、トレーラーで運ばれてきます。
   その後650tクレーンを使い、現場で1本の桁にします。
   
   写真9 仮橋の上を移動している様子です。
        移動速度は1分間に2mなので、60m移動する
        この橋は、30分かかります。
写真10 JR飯山線上空での作業のため、最終列車が
    通過した後、夜間作業で行います。
    この橋桁は1本で122tありますので、650tクレーンと
    450tクレーンで協力して吊り上げ、設置しました。
     
   
 

↑ このページのトップへ 

Copyright©2002-2014 MARUYAMA CORPORATION. All Rights Reserved.